坐骨神経痛の症状ですが、坐骨神経の通っている箇所に痛みやしびれが表れます。 坐骨神経はお尻から足まで通っている神経で、この神経が何らかの原因によって圧迫されると、圧迫されている部分、もしくは、その周辺に痛みやしびれを感じてしまうのです。 具体的に挙げるなら、お尻、太ももの後ろ側、ふくらはぎなどですね。 最初のうちは、それほど激しい痛みではなく、鈍い痛みが走る程度でしょう。 でも、坐骨神経痛が悪化してしまうと、一歩歩くだけでも足全体に痛みが走るような感覚に襲われ、歩くのも困難なほど痛みが強くなってしまいます。 坐骨神経が圧迫されている限り、この痛みは治まりませんので、病院を受診して坐骨神経痛の原因をはっきりさせ、治療しなくてはなりません。 また、椎間板ヘルニアなどの病気の症状として坐骨神経痛が表れている場合には、腰にもひどい痛みが走るため、腰から足にかけて波のある痛みに襲われることになるでしょう。 いずれにしても、坐骨神経痛は早期に治療を開始しなければ、歩くことさえままならなくなりますし、安静にしていても痛みを感じることになってしまうので注意が必要です。